ハニプラ美容液とチェルラーブリリオは、
どちらも卵殻膜美容液を使用しているアイテムですが、
いったいどちらが良いのでしょうか?

ここでは、ハニプラ美容液とチェルラーブリリオを
いろいろと比較してみますので、
卵殻膜エキス配合の美容液を探している方の
参考になると嬉しいです。

ハニプラ美容液とチェルラーブリリオの共通点

ハニプラ美容液とチェルラーブリリオの共通点をご紹介します。

まずは、何といっても卵殻膜エキスが入っていることです!

卵殻膜エキスは、人の皮膚に近いアミノ酸がたっぷりと含まれており、
コラーゲンやヒアルロン酸といった美肌に必要な成分も
含まれているため、若々しい肌に導いてくれます。

卵殻膜エキスは、次のような作用を持っています。

・プリプリの肌にするために必須のⅢ型コラーゲンの働きを助けてくれます。

・肌にハリ、ツヤ、弾力を与えてくれるようになります。

・肌をしっかりと保湿し、潤いを与えて、柔らかく、なめらかな肌にします。

・キメを整えて、引き締まった健やかな肌にします。

・肌に透明感が出てきます。


そして、プロテオグリカンもどちらにも配合されています。

プロテオグリカンは、保水力が抜群で、
しっとりとした潤い溢れる肌にしてくれます。

ハニプラ美容液とチェルラーブリリオを比較

次に、ハニプラ美容液とチェルラーブリリオの比較を
してみます。

成分・内容量比較

・ハニプラ美容液

【成分】
ヒト幹細胞エキス、卵殻膜エキス、4種類のハチミツエキス、
サイタイエキス、プロテオグリカン

【内容量】
30ml

・チェルラーブリリオ

【成分】
卵殻膜エキス、EFG、フラーレン、プロテオグリカン、
3つの幹細胞(ムクゲカルスエキス・リンゴ果実培養細胞エキス・
エリンギウムマリチムムカルス培養液)

【内容量】
15ml

成分と内容量を比較してみると、
どちらにも卵殻膜エキスとプロテオグリカンが配合されておりますし、
それ以外の成分も肌に良い成分が配合されていることがわかります。

内容量は、ハニプラ美容液の方が倍量となっています。

価格比較

・ハニプラ美容液

通常価格7,480円(税込)ですが、
定期コース申し込みで初回限定1,980円(税込)です。

・チェルラーブリリオ

通常価格6,600円(税込)ですが、
定期コース申し込みで初回限定1,996円(税込)です。


通常価格は、ハニプラ美容液の方が少し高いのですが、
内容量がチェルラーブリリオの倍量入っていますので、
ハニプラ美容液の方がお安い、ということになりますね。

ハニプラ美容液とチェルラーブリリオの口コミを比較

まずは、ハニプラ美容液とチェルラーブリリオの口コミを
ご紹介します。

【ハニプラ美容液】の口コミ

・30代後半 主婦 

なかなか化粧水が入っていかなくなってきましたが、
ハニプラ美容液を使うようになってから、
どんどん肌に浸透するのがわかるようになりました。

洗顔後一番初めに使う、というのを忘れて、
慣れるまではついつい化粧水を付けてから気付く…
ということもありました。

乾燥肌でしたが、今では潤いも感じられます。


・40代半ば OL

卵殻膜エキスが入っているものが使いたかったので、
見つけた時は嬉しかったです。

匂いなどしないかな?と心配もしましたが、
全く大丈夫でした。

使うようになってから、肌が柔らかくなり、
もっちりしてきました。

価格も30ml入りでこの価格ならば納得です!


【チェルラーブリリオ】の口コミ

・40代前半 パート

芸能人の方がよく使っているというのを目にし、
こんな風に自分の肌も変化したらな…と思い、
購入しました。

洗顔後すぐに馴染ませるのは慣れるのが大変でしたが、
今ではもうこの美容液がないと不安になります。

肌に弾力が出た気がします。


・50代前半 主婦

加齢が原因なのはわかっていましたが、
あまりにも肌に元気がないので、美容液を探していました。

若々しい肌になる、というこの美容液。

毎日しっかりと肌に馴染ませてから、
いつものスキンケアをしているだけなのに、
ゴワゴワしていた肌が手触りの良い肌になってきました。


どちらも洗顔後すぐに使用するアイテムなので、
慣れるまでは大変な方もいるようです。

使っているうちに肌が若々しくなり、
弾力が出てくる方が多いようですね。

そして、芸能人が使っているアイテムは、
やはり興味を持つ方が多数いることもわかります。

価格の方も、ハニプラ美容液の方がお安いので、
選ぶ方もいます。

ハニプラ美容液とチェルラーブリリオ  まとめ

ハニプラ美容液とチェルラーブリリオを比較してみましたが、
共通して卵殻膜エキスが配合されています。

どちらも卵殻膜エキスが配合されているアイテムを探していた、
という方からとても人気があり、実際に使用した方からは
とても喜ばれています。

使い方は、どちらも洗顔後のきれいな肌に一番初めに馴染ませる、
というものです。

初めに馴染ませると、ブースター役をしてくれて、
その後のスキンケアがとてもスムーズに行えて、
肌の奥から潤いがあふれる肌になることが出来ます。

比較してみるとわかりますが、
内容量や価格にも違いがありますし、
配合されている成分も違います。

成分がすっかり同じ、というアイテムはまずないですが、
内容量はしっかりと確認しないと意外と見落としがちですね。

自分の肌や予算などに合わせて、
どちらにするか検討してみると良いですね。