ハニプラ美容液には、どんな成分が配合されているのか、
その成分がどのように作用して肌を綺麗にしていくのか、
ハニプラ美容液の「最大のポイント」とになる成分について
詳しくご紹介します。

化粧品で重要なことは、配合されている成分ですので、
ここではじっくりと掘り下げてみますね。

ハニプラ美容液の成分内容のココが凄い!

それでは、早速ですが、ハニプラ美容液に配合されている
成分内容について説明していこうと思います。

ヒト幹細胞エキス

最近特に話題になっている成分で、
聞いたことがある方は多いと思います。

美肌になるためにはなくてはならない成分を生成するのに
役立っています。

肌のキメを整える助けもしてくれます。

自らと同じ細胞を細胞分裂によって生成する働きと
他の細胞に変化する働きの2つを持ち合わせています。

このことから、状況に合わせて必要となる細胞を
生み出すことが出来ます。

とても肌になじみやすく、アレルギー反応も起こしにくい成分です。

加齢により衰えた肌を何とかしたい、
若々しい肌になりたい、という方におすすめです。

卵殻膜エキス

卵殻膜エキスは、卵の内側にある薄い膜のことです。

人間の肌に近いコラーゲンなどの成分を含んでいて
3型コラーゲン(ベビーコラーゲン)を増やす働きがあります。

また、卵殻膜には美白成分で知られるシスチンも含まれています。
シスチンは、メラニンの原因となるチロシナーゼの活性化を抑える働きがあるとされています。

ですので、シミや色素沈着などを予防する優秀な働きが期待できます。

サイタイエキス

サイタイとは、へその緒のことです。

保湿効果、細胞の増殖、繊維芽細胞とコラーゲンの合成促進作用、
ターンオーバーを正常化する作用があります。

コラーゲンやエラスチンの減少を改善する効果もありますので、
シワを出来にくくしてくれます。

小ジワを目立たないようにしたい方におすすめです。

プラセンタエキスとの相性が良く、
併用することで相乗効果があります。

プロテオグリカン

プロテオグリカン自体が保水能力に優れています、

肌の細胞を増殖したり、ヒアルロン酸やⅠ型コラーゲンの産生を
促進してくれます。

肌荒れをを改善し、シワを出来にくくし、
肌の弾力も蘇らせてくれますので、
肌をアンチエイジングしたい方にぴったりの成分です。

ふっくらつややかな肌にするために、
ハニプラ美容液に配合されています。

4種類のハチミツエキス

肌の土台をイキイキとするために、
4種のハチミツエキスを配合しています。

・グルコノバクター

グルコノバクターは、ハチミツ発酵液のことです。

繊維芽細胞の増殖とヒアルロン酸の生成を促進してくれます。

肌のキメを整える作用もありますので、
肌のキメが乱れてメイクノリも悪いという方におすすめの成分です。

・ハチミツ

ハチミツには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などが
たっぷりと含まれています。

天然の保湿成分なので、加齢により乾燥肌に悩まされている方に
ぴったりの成分です。

・ローヤルゼリーエキス

保湿効果があり、小ジワを予防し、
ハリのある肌にしてくれます。

外的ストレスからも守ってくれますので、
肌荒れなどを軽減したい方におすすめの成分です。

・ハチミツタンパク

ハチミツに含まれている18種のアミノ酸を集約した成分です。

保湿をコントロールするNMFアミノ酸がたっぷりと含まれており、
優れた保湿効果があります。

乾燥肌を改善したい方の救世主と言っていいでしょう。

北アルプスの雪解け温泉水

美容液を左右するベース(水)にこだわっているのが
他のブースターとハニプラ美容液の違いの一つです。

そんなに大切なこと?と思うかもしれませんが、

どんな化粧品にでも精製水などが入っています。
土台に何が使われているのか?重要度が高いのです。


北アルプスの雪解け温泉水を使うことでどんなメリットがあるのか?というと・・・

  • 天然ミネラル成分が豊富に含まれていること
  • 温泉水は一般的な水と比べて化粧品と相性がいい
  • 粒子が細かく皮脂と混ざりやすい性質がある
  • 加齢により乾いた肌の奥まで浸透しやすい

浸透率に違いがある
実感に違いがあるのは成分だけでなく
土台まで配慮されているのが、他社の化粧品との違いです。

見た目の年齢がマイナス5歳になるハニプラ美容液の実力って?

ハニプラ美容液を使い続けていると、嬉しいことに
見た目年齢マイナス5歳になることが出来ます。

美容液を左右するとも言われるベースの水にもこだわっており、
北アルプスの雪解け温泉水を使っています。

天然ミネラルがたっぷりと入っており、
肌にハリと潤いを与えてくれます。

温泉水は、通常の水よりも粒子が細かいので、
皮脂と混ざりやすいという特徴があります。

年齢を重ねることで肌に浸透しにくくなりますが、
ハニプラ美容液を使うことで、
再び肌の奥までどんどん浸透することが出来るようになります。


高濃度でヒト幹細胞エキスと卵殻膜エキスが入っており、
潤いやハリを与える成分がたっぷりと肌に補われます。

4種のハチミツも配合されており、
肌の土台もしっかりとしたものになります。


美容成分がたっぷりと入っているため、
肌の奥からしっかりと保湿されるようになり、
みずみずしくハリがある肌へと変化していきます。

肌に触れると弾力を感じるようになり、
しっかりと保湿はされていますが、べたつかない、
思わず何度でも触ってしまうような若々しい肌へと変化します。

ハニプラ美容液の成分のまとめ

ハニプラ美容液には、とても優れた成分がたっぷりと
配合されていることがわかりました。

年齢を重ねたことにより衰えてしまった肌に使うことで、
ハニプラ美容液に配合されている成分は
一生懸命働きかけてくれます。

ヒト幹細胞エキスと卵殻膜エキスは潤いを与えてハリを出し、
ふっくらとつややかな肌にするためにプロテオグリカンは作用し、
4種類のハチミツは肌の奥からしっかりと保湿して
肌のキメを整えてくれますので、肌の状態がとても良くなります。

土台である水にも配慮されていて、
天然ミネラル成分が豊富に含まれている北アルプスの雪解け温泉水を使うことで浸透率が高くなる。

年齢肌の為に考えつくされたブースター(導入美容液)であることがよく分かります。